トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


班田収授法

Last-modified: 2016-11-02 (水) 16:48:49
Top / 班田収授法

歴史Aランク

班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう)

律令制度の基本的な土地法で,一定年齢に達した人民に口分田(くぶんでん)を分け与え,死亡したときは口分田を返させることを定めた。 「班田」は「田を分ける」または「分けられた田」の意味である。

公地公民を維持しながら,税の収入を確保するための制度として,この法律が定められた。実施されたのは7世紀の終わり頃からと考えられ,大宝律令(701年)では,次のように規定されていた。

  • 6年ごとに戸籍(こせき)をつくり,新たに資格を得た者(6歳以上になった者)に口分田を与える。また,死亡した者の口分田は収公する。(「収公」は朝廷に返させること。)
  • 良民の男子には2(たん),女子にはその3分の2,奴婢(ぬひ)には良民の男女のそれぞれ3分の1の口分田を与える。(2段は約2400平方メートルである。)
  • 口分田にはという税を課し,面積に応じて収穫の約3%を稲で納めさせる。成人男子には,調という税や労役,兵役もかける。

奈良時代後期になると,農民の逃亡や荘園の拡大などによって,班田収授法の実施は次第に難しくなった。桓武天皇は班田を12年ごとに改めて制度の維持に努力したが,平安時代前期には実施されなくなった。(資料に残っている最後の班田は,902〜903年に伊勢国で行われたものである。)