トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


環境基本法

Last-modified: 2021-03-08 (月) 14:08:16
Top / 環境基本法

公民Aランク

環境基本法(かんきょうきほんほう)

日本の環境政策の基本を定めた法律。 公害対策基本法(1967年〜1993年)にかわるものとして,1993年に制定された。地球環境全体も視野に入れて,総合的な環境保全を目指す法律になっている。

【参考】

環境基本法に基づいて,政府は環境基本計画を決定することになっている。2018年に閣議設定された第五次環境基本計画では,次の6つの重点戦略が設定されている。

  • 持続可能な生産と消費を実現するグリーンな経済システムの構築
  • 国土のストックとしての価値の向上
  • 地域資源を活用した持続可能な地域づくり
  • 健康で心豊かな暮らしの実現
  • 持続可能性を支える技術の開発・普及
  • 国際貢献による我が国のリーダーシップの発揮と戦略的パートナーシップの構築

また重点戦略を支える環境政策として次のことがあげられている。

  • 気候変動対策
  • 循環型社会の形成
  • 生物多様性の確保・自然共生
  • 環境リスクの管理
  • 基盤となる施策
  • 東日本大震災からの復興・創生及び今後の大規模災害発災時の対応