トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


直接民主制

Last-modified: 2017-06-13 (火) 16:46:46
Top / 直接民主制

公民Aランク

直接民主制(ちょくせつみんしゅせい)

主権者である国民や住民が直接,政治に参加する制度のこと。 例えば,国民投票で法律を制定するのであれば,直接民主制といえる。

国民主権の原則からいえば直接民主制が望ましいが,費用や時間がかかりすぎるという問題がある。そのため,多くの民主主義の国では,国民が選挙で代表を選び,その代表が議会をつくって政治の方針を決める間接民主制代議制議会制民主主義)がとられている。

日本も基本的には間接民主制であるが,次のように直接民主制も取り入れられている。

  • 国の政治
  • 憲法改正の国民投票……国会憲法改正の発議をすると国民投票が行われ,有効投票の過半数の賛成を得ると,憲法が改正される。今まで一度も実施されたことはない。
  • 地方自治
  • 直接請求権……必要な署名を集めることによって,条例の制定・改廃を求めたり,首長・議員の解職請求などをすることができる。
  • 住民投票……地方自治特別法についての住民投票,直接請求権にもとづく住民投票,条例による住民投票(法的に定められたものではない)がある。