トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


私擬憲法

Last-modified: 2016-11-17 (木) 14:43:36
Top / 私擬憲法

歴史Dランク

私擬憲法(しぎけんぽう)

明治時代に民間で作成された憲法の私案のこと。 自由民権運動が高まり,国の根本的な決まりを定める憲法の必要性が認識されたことから,各地で私擬憲法が作られるようになった。

  • 東京の五日市(現在のあきる野市)で作成された五日市憲法草案は,国民の権利保障に重点をおいたものとして有名である。
  • 政府は自由民権運動を弾圧するため,1887年に保安条例を定めたが,これを根拠として私擬憲法の検討も禁止している。