トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


立憲改進党

Last-modified: 2017-04-03 (月) 12:57:01
Top / 立憲改進党

歴史Aランク

立憲改進党(りっけんかいしんとう)

大隈重信(おおくましげのぶ)を党首として1882年に結成された政党。 イギリス流の議会政治をめざし,都市の知識人層などから支持された。しかし1884年に大隈重信らが脱党し,事実上の解党状態になった。

その後,大隈が復帰し,帝国議会では民党の一派として活動した。

  • 1896年に立憲改進党を中心に進歩党が結成され,立憲改進党は正式に解党している。
  • 1898年に進歩党と自由党が合同して憲政党になり,大隈重信が内閣総理大臣になったが,短期間で憲政党(旧自由党系)と憲政本党(旧進歩党系)に分裂し,大隈らは総辞職している。