トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


織田信長

Last-modified: 2018-08-13 (月) 18:39:50
Top / 織田信長

歴史Aランク

織田信長(おだのぶなが)

1534年〜1582年 戦国〜安土桃山時代の武将で,全国統一を強力に進めた。 鉄砲を活用して勢力を強め,室町幕府をほろぼし,敵対する戦国大名や仏教勢力をうち破った。また,楽市・楽座や関所の廃止によって商工業をさかんにし,キリスト教を保護した。信長は統一事業の途中で倒れたが(本能寺の変),家臣の豊臣秀吉によって全国統一が実現している。

【織田信長の肖像画】

nobunaga.jpg

【織田信長】

  • 1534年……尾張(おわり)(愛知県)の戦国大名織田信秀(のぶひで)の子として生まれる。信秀は尾張の守護大名陪臣(ばいしん)(家臣の家臣)から戦国大名に成長した人である。
  • 1551年……信秀が病死し,そのあとつぎとなる。
  • 1557年……敵対した弟の信行を殺す。
  • 1559年……尾張の守護を追放し,尾張の支配を確立する。
  • 1560年……尾張に進撃してきた駿河(するが)(静岡県)の戦国大名今川義元(よしもと)を,桶狭間(おけはざま)の戦いで討ち取る。
  • 1562年……今川氏から自立した徳川家康と同盟を結ぶ。この同盟は,信長が死ぬまで続いた。
  • 1564年……北近江(おうみ)(滋賀県)の浅井長政と同盟を結び,妹のお市を長政の妻とする。
  • 1567年……美濃(みの)(岐阜県)を征服する。「天下布武」の朱印を使いはじめる(この頃から,天下統一を目指すようになったとされる)。
  • 1568年……京都に進出して,足利義昭(よしあき)を将軍にする。
  • 1565年に第13代将軍足利義輝(よしてる)が暗殺され,弟の義昭は京都から逃亡していた。信長は義昭を保護して第15代将軍としたが,実権は自分がにぎった。
  • 1569年……(さかい)の自治権を奪う。
  • 1570年……越前(えちぜん)(福井県)の朝倉氏を攻めるが,浅井長政が朝倉氏についたため撤退する。姉川の戦いで,朝倉・浅井連合軍を破る。一向一揆との戦いがはじまる。
  • 1571年……朝倉氏・浅井氏に味方した比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を焼き討ちにする。
  • 1573年……将軍義昭を京都から追放して,室町幕府をほろぼす。朝倉氏・浅井氏をほろぼす。
  • 信長と対立を深めた義昭は,甲斐(かい)(山梨県)の戦国大名武田信玄(しんげん)や一向一揆と結んで信長包囲網をつくっていた。しかし,1573年に京都を目指していた信玄が病死することによって包囲網はくずれ,義昭は京都から追放された。
  • 浅井長政は死ぬ前に妻のお市(信長の妹)と3人の娘を信長に引き渡した。3人の娘のうち,長女の茶々は豊臣秀頼の母,三女の江は徳川家光の母になっている。
  • 1574年……伊勢(三重県)長島の一向一揆をほろぼす。
  • 1575年……織田・徳川連合軍が長篠(ながしの)の戦いで武田勝頼(信玄の子)を破る。
  • 足軽による鉄砲隊を使って,武田氏の騎馬隊を撃破したという。
  • 1576年……近江に安土(あづち)城を築く。家臣を城下に住まわせ,商工業を発展させるために楽市・楽座令を出す(1577年)。
  • 1580年……一向一揆の中心であった石山本願寺を屈服させる。同じ年に家臣の柴田勝家が加賀の一向一揆を平定する。
  • 1582年……武田氏をほろぼす。京都で家臣の明智光秀(あけちみつひで)におそわれて自害する(本能寺の変)。