トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


聖徳太子

Last-modified: 2019-06-04 (火) 15:40:31
Top / 聖徳太子

歴史Aランク

聖徳太子(しょうとくたいし)

574年〜622年 飛鳥(あすか)時代の政治家。 593年に叔母の推古(すいこ)天皇の摂政となり,豪族の蘇我(そが)氏と協力しながら,天皇(大王)中心の国づくりに努力した。おもな政策に冠位十二階の制度,十七条の憲法の制定,遣隋使の派遣があり,仏教の興隆にも力を入れた。

本名は「厩戸(うまやど)」で,聖徳太子は後世につけられた尊称である。本人が聖徳太子と名乗っていたわけではないので,最近の歴史書や教科書では,「厩戸皇子」とか「厩戸王」と表記されることも多くなっている。

【聖徳太子と伝えられる肖像画】

shotoku.jpg

【聖徳太子】

  • 574年……用明(ようめい)天皇の子として生まれる。なお,父方,母方の祖母はともに蘇我氏出身者である。
  • 587年……蘇我馬子(そがのうまこ)物部守屋(もののべのもりや)が戦う。太子は蘇我氏に協力し,物部氏がほろびる。
  • 592年……崇峻(すしゅん)天皇が蘇我馬子に暗殺される。推古(すいこ)天皇が即位すると,皇太子になる。
    • 用明天皇の死後,異母弟の崇峻天皇が即位したが,実権は蘇我馬子に握られていた。崇峻天皇は馬子を倒そうとしたが,反対に暗殺されてしまった。
  • 推古天皇は用明天皇の同母妹(太子にとっては叔母にあたる)で,史上初の女性天皇である。
  • 593年……推古天皇の摂政となり,蘇我馬子と協力して政治にあたる。
  • 600年……初めての遣隋使を派遣する。(この遣隋使はの歴史書にしか記録されていない。)
  • 603年……冠位十二階を定める。豪族に能力や功績に応じた冠位を与えるもので,人材登用が目的であったとされる。
  • 604年……十七条の憲法を制定する。豪族に朝廷の役人として守るべき心構えを示す。
  • 607年……小野妹子(おののいもこ)を遣隋使として派遣し,隋と対等の立場で国交を結ぼうとする。この頃,法隆寺を建立する。(現在の法隆寺は7世紀の終わり頃に再建されたものである可能性が高い。)
  • 615年……この頃,「三経義疏(さんきょうぎしょ)」という仏教経典の注釈書を著す。
  • 622年……斑鳩宮(いかるがのみや)(奈良県)で亡くなる。推古天皇よりも先に亡くなったため,即位することはなかった。