トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


荘園領主

Last-modified: 2016-06-16 (木) 16:51:52
Top / 荘園領主

歴史Dランク

荘園領主(しょうえんりょうしゅ)

荘園の所有者のこと。

  • 奈良時代……墾田永年私財法が制定されると,有力な貴族や寺社が,逃亡した農民などを使って開墾(かいこん)を進め,荘園領主となった。
  • 平安時代……地方の豪族が特権を得るために都の有力者に荘園寄進(きしん)するようになり,藤原氏や院は広大な荘園を所有するようになった。寄進による荘園領主には,本家・領家などがあった。
  • 領家(りょうけ)……荘園の寄進を受けて,名目的な荘園領主になった者のこと。中央の貴族や寺社が多かった。
  • 本家(ほんけ)……領家からさらに荘園の年貢の寄進を受けた最高の荘園領主のこと。摂関家(藤原氏)や皇族が多かった。
  • 鎌倉時代……地頭が荘園の土地の管理者になるとともに,荘園領主の力は弱まっていった。