トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


藤原道長

Last-modified: 2020-02-05 (水) 16:38:02
Top / 藤原道長

歴史Aランク

藤原道長(ふじわらのみちなが)

966年〜1027年 平安時代中期の政治家。 藤原氏の摂関政治の全盛期を代表する人物である。

4人の娘を天皇のきさきとし,3人の天皇の外祖父(がいそふ)(母方の祖父)として,政治を動かした。

  • 職務に熱心であったという道長は右大臣・左大臣の時期が長く,摂政にはなったが,関白にはなっていない。
  • 三女が皇后(こうごう)になったときに道長が歌った「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の かけたることも なしと思へば」は,自分の思いのままになる世の中を欠けたところのない満月(望月(もちづき))にたとえたもので,「望月の歌」として有名である。