トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


Last-modified: 2019-09-02 (月) 14:51:54
Top / 藩

歴史Aランク

藩(はん)

江戸時代の大名の領地と,その支配のしくみのこと。 全国の土地は幕府または藩に支配されたが,これを幕藩体制という。

  • 1万石以上の領地を幕府から与えられた武士を大名といい,藩の領主としての大名のことを藩主という。大名(藩主)は城下町を中心に家臣を従えて独自の政治を行ったが,江戸幕府からはきびしく統制され,参勤交代などが義務づけられていた。
  • 1868年に明治政府は大名の領地を藩としたが,藩が公式な名称となったのはこのときが初めてである。大名が知藩事として藩を治めるものとされたが,1871年の廃藩置県によって,藩は廃止されている。

【参考】

  • 「藩」は儒学者が使っていた用語で,江戸幕府では大名の領地を領分(りょうぶん),その支配組織を家中(かちゅう)とよぶことが多かった。
  • 「藩」が公式な名称になったのは明治時代であるが,現在では歴史用語として広く使われるようになっている。