トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


蝦夷

Last-modified: 2020-06-09 (火) 14:12:41
Top / 蝦夷

歴史Dランク

蝦夷(えみし)

古代,東北地方に住んでいた人々のこと。 大和朝廷の支配に従わなかった人々に対する,朝廷側のよび名である。


【蝦夷(えみし)】

  • 647年……大和朝廷が蝦夷征討(せいとう)の前進基地として渟足柵(ぬたりのき)(現在の新潟県新潟市)を設置する。
  • 648年……朝廷がさらに磐舟柵(いわふねのき)(現在の新潟県村上市)を設置する。
  • 658年……阿倍比羅夫(あべのひらふ)が日本海側の蝦夷を討つ。比羅夫は北海道や大陸にまで渡ったという説がある。
  • 724年……朝廷が多賀城(たがじょう)(現在の宮城県多賀城市)を築き,東北経営の拠点とする。
  • 780年……蝦夷の出身で朝廷に仕えていた伊治公呰麻呂(いじのきみあざまろ)が反乱をおこし,多賀城を焼き払う。
  • 802年……征夷大将軍坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷の族長のアテルイを降伏させ,胆沢城(いさわじょう)(現在の岩手県水沢市)を築く。
  • 803年……田村麻呂が志波城(しわじょう)(現在の岩手県盛岡市)を築く。都でアテルイが処刑される。
  • 1051年〜1062年……陸奥国(むつのくに)の豪族安倍氏が反乱をおこす。源頼義(よりよし)義家(よしいえ)父子は,出羽国(でわのくに)の豪族清原氏の協力を得て,安倍氏をほろぼす(前九年の役)。東日本で源氏の勢力が強まるきっかけとなる。
  • 朝廷に従った蝦夷のことを俘囚(ふしゅう)という。安倍氏や清原氏は俘囚の長として勢力をのばした豪族である。   
  • 1083年〜1087年……清原氏で内紛がおこると,源義家はこれを利用して清原氏をほろぼす(後三年の役)。義家に協力した藤原清衡(きよひら)が,平泉を拠点として東北地方一帯に勢力をのばす(奥州藤原氏)。
  • 1189年……源頼朝が奥州藤原氏をほろぼし,東北地方を支配下に置く。

【注意】

平安時代から鎌倉時代にかけて,東北地方の蝦夷(えみし)の同化が進むとともに,アイヌ民族蝦夷(えぞ),北海道が蝦夷地(えぞち)とよばれるようになった。同じ蝦夷でも,「えみし」と「えぞ」では意味が違うので,注意しよう。