トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


西廻り航路

Last-modified: 2020-09-01 (火) 15:13:14
Top / 西廻り航路

歴史Dランク

西廻り航路(にしまわりこうろ)

江戸時代に整備された,日本海沿岸を西に進み,下関・瀬戸内海を通って大阪に達する航路。 東北地方の米を安全に大阪まで運ぶことを可能にした。

それまでは敦賀(つるが)で米を荷揚(にあ)げし,馬や高瀬舟(河川用の船)を使って,敦賀→小浜→琵琶湖→大津→京都→大阪の経路で運んでいた。西廻り航路は,距離は長くなるが積み替えの必要がなくなり,大量輸送が可能になった。

江戸時代中期には航路は蝦夷地(えぞち)(北海道)までのびて,北前船(きたまえぶね)が蝦夷地と大阪を結んだ。