トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


規制緩和

Last-modified: 2017-05-25 (木) 14:37:54
Top / 規制緩和

公民Aランク

規制緩和(きせいかんわ)

政府の民間事業に対する規制をゆるめること。 近年は規制緩和によって企業間の競争を活発にし,経済を成長させようという動きが強まっている。

【規制緩和の例】

  • 電気通信の規制緩和……1985年に日本電信電話公社を民営化(NTT)。その後もさまざまな規制の緩和・撤廃が行われた結果,企業間の競争が激しくなるとともに,電話料金は年々安くなっていった。(1985年に昼間3分で400円だった東京・大阪間の電話料金は,1998年には90円まで値下げされている。)
  • 金融の規制緩和……外国為替業務の自由化,株式売買手数料の自由化,日本銀行法の改正などさまざまな規制を緩和して,1998年から金融ビッグバン(金融システムの大改革)がはじまった。
  • 航空運賃の規制緩和……かつては認可制がとられていたが,1995年に事前購入割引(5割までの割引が可能になる),1996年に幅運賃制度(一定の幅の中で航空会社が自主的に運賃を設定する)が導入され,2000年には事前届出制になった。
  • 米販売の規制緩和……2004年に改正食糧法が施行され,米の販売業者が登録制から届出制に変わった。これによって,米の生産や販売はさらに自由化された。
  • 医薬品販売の規制緩和……ビタミン剤・整腸剤・殺菌消毒薬などが医薬品から医薬部外品に移行され,コンビニエンスストアなどでも販売できるようになった。(医薬品は薬局・薬店でしか販売できない。)
  • 構造改革特区(構造改革特別区域)……地方公共団体ごとに,規制緩和などの特例措置を適用させるもの。