トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


財閥

Last-modified: 2019-05-20 (月) 12:39:36
Top / 財閥

歴史Aランク

財閥(ざいばつ)

明治時代から昭和時代前半にかけて,日本の経済を支配した大資本家のこと。 三井(みつい)三菱(みつびし)住友(すみとも)安田(やすだ)を四大財閥という。金融(きんゆう)・貿易・鉱業など多くの企業を経営し,経済だけでなく政治にも大きな影響力を持つようになった。

第二次世界大戦後,連合国軍総司令部の指令で財閥解体が進められ,資本家一族による支配は消滅した。

【財閥の例】

  • 三井……江戸時代に呉服(ごふく)商,両替(りょうがえ)商として発展し,幕府の御用商人になった。明治時代には藩閥(はんばつ)政府と結んで工業などの分野にも進出し,日本最大の財閥とよばれた。
  • 三菱……土佐(とさ)藩出身者が設立し,明治政府の保護のもとに海運業を独占して発展した。造船・鉱業・鉄道・銀行・保険などさまざまな分野に進出して,大財閥となった。