トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


財閥解体

Last-modified: 2019-05-20 (月) 12:46:05
Top / 財閥解体

歴史Aランク

財閥解体(ざいばつかいたい)

1945年〜1952年 GHQ(連合国軍総司令部)の指令によって行われた民主化政策の一つで,日本の経済を支配してきた財閥(大資本家)を解体させたこと。 財閥の関係者は産業界から追放され,その支配下にあった企業は独立させられた。

  • 財閥の本社は,関連会社の株式を保有することによって,これを支配していた(この形態を「コンツェルン」という)。財閥解体では,財閥の所有する株式を強制的に再分配させることによって,支配を解消させた。
  • 財閥解体の終了後,財閥の流れをくむ企業による連合体(企業グループ)が形成されるようになり,三菱グループ,住友グループ,三井グループなどとよばれている。