トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


貴族院

Last-modified: 2017-04-27 (木) 17:04:56
Top / 貴族院

歴史Dランク

貴族院(きぞくいん)

大日本帝国憲法において,衆議院(しゅうぎいん)とともに帝国議会を構成していた議院。 一般有権者による議員選挙は行われず,皇族や華族,天皇が任命する議員などで構成された。

衆議院と同格とされ,法律や予算について審議した。1947年の日本国憲法施行にともなって,貴族院は廃止されている。

【貴族院の構成】

  • 皇族議員……皇族男子は自動的に議員となった。皇族が政治の争いにまきこまれることは好ましくないとされたことから,議会に出席することはほとんどなかった。
  • 華族議員
  • 公爵議員・侯爵議員……自動的に議員となった。
  • 伯爵議員・子爵議員・男爵議員……伯爵・子爵・男爵のなかから互選(ごせん)(互いに選挙すること)で選ばれた。任期は7年。
  • 勅任議員
  • 勅選議員……国家に功績のある者や学識のある者のなかから内閣が推薦し,天皇が任命した。
  • 多額納税者議員……多額の直接国税を納める者のなかから互選で選ばれた。任期は7年。
  • 帝国学士院会員議員(1925年新設)……帝国学士院会員のなかから互選で選ばれた。任期は7年。