トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


長州藩

Last-modified: 2017-04-19 (水) 15:36:48
Top / 長州藩

歴史Cランク

長州藩(ちょうしゅうはん)

薩摩藩とともに倒幕運動の中心となった藩。 現在の山口県にあたる。

藩主の毛利(もうり)氏は,もともと中国地方の大半を支配する戦国大名であり,豊臣秀吉に仕えた。関ヶ原の戦いに敗れたことから,本拠地であった安芸(あき)(広島県)などを失い,周防(すおう)長門(ながと)の2国だけが所領となったが,これが長州藩である。

江戸中期以降は財政が苦しくなり,百姓一揆に苦しんだが,天保年間に藩政改革を行って財政を立て直した。幕末には尊王攘夷運動がさかんになり,1863年に下関海峡を通る外国船を砲撃した。1864年に四国連合艦隊の攻撃と江戸幕府の出兵を受けて屈服したが,高杉晋作(しんさく)木戸孝允などの若い藩士が政治の実権を奪った。1866年に薩摩藩と同盟(薩長同盟)を結び,幕府の2度目の攻撃をうち破り,倒幕運動を進めた。