トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


関所

Last-modified: 2016-06-20 (月) 12:17:49
Top / 関所

歴史Dランク

関所(せきしょ)

通行人の検問(けんもん)や税の徴収(ちょうしゅう)を目的として,交通の要所に設置された施設。

関所の役割は,時代によっても代わっている。

  • 古代……おもに軍事的・警察的な目的で設置された。都の防衛にあたった三関(さんかん)が有名である。
  • 三関……不和関(ふわのせき)鈴鹿関(すずかのせき)愛発関(あらちのせき)の3つの関所。平安時代中期には愛発関が逢坂関(おうさかのせき)に代わっている。
  • 中世……おもに通行税の徴収が目的で設置された。戦国大名の力が強まると,交通のさまたげになることから,領国内の関所の多くは廃止された。(織田信長の関所の廃止が有名である。)
  • 近代……江戸幕府は軍事的・警察的な目的で関所を各地に再設置している。
  • 入り鉄砲に出女(でおんな)……江戸につながる関所では,江戸への鉄砲の持ちこみと,江戸に住んでいる大名の妻女が江戸から出ることをきびしく取り締まったことからできた言葉。