トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


サミット のバックアップ(No.1)



歴史Bランク

サミット

1975年から毎年開催されている,主要国の首脳(大統領や首相)による会議のこと。 サミットは「頂上」の意味でトップ会談などを意味するが,たんにサミットというときは,主要国首脳会議を指すことが多い。

  • 1975年……石油危機による経済問題などを話し合うために,フランス大統領の呼びかけで第1回サミットが開催される。参加国は,アメリカ・イギリス・フランス・西ドイツ(当時)・日本・イタリアの6か国。
  • 1976年……第2回サミットからカナダが参加して7か国体制となる。
  • 1991年……第17回サミットから西ドイツがドイツとして参加する(1990年のドイツ統一による)。
  • 1998年……第24回サミットからロシアが公式に加わり,8か国体制となる。日本ではロシア参加前を「先進国首脳会議」,ロシア参加後を「主要国首脳会議」ということが多い。
  • 2014年……第40回サミットからロシアの参加資格が停止される(ロシアがクリミア半島を編入したことによる)。

サミットの中心となるアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ・ロシアをG8(Group of Eight)と呼ぶ。現在のサミットではG8の首脳とEUの欧州理事会議長・欧州委員会委員長が集まって,国際的な政治・経済問題について協議している。(G8以外の国の首脳や国際機関の代表が出席することもある。)