トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


バリアフリー社会 のバックアップ(No.1)



公民Bランク

バリアフリー社会(ばりあふりーしゃかい)

障がいのある人や高齢者が快適・安全に暮らすことができるように,さまざまな障壁(しょうへき)が取り除かれた社会のこと

【バリアフリーの例】

  • 車椅子利用者向け
  • 段差をなくす(スロープやノンステップバスなど)
  • スペースの広いトイレや電話ボックス
  • 視覚障害者向け
  • 音の出る信号機
  • 点字ブロック

【バリアフリーをすすめるための法律】

  • ハートビル法……1994年成立。公共的な建築物のバリアフリー化を義務づける。
  • 交通バリアフリー法……2000年成立。公共交通機関の駅や乗り物などのバリアフリー化を義務づける。
  • バリアフリー新法……2006年成立。ハートビル法と交通バリアフリー法を統合し,さらにバリアフリー化の対象を拡大したもの。この法律の制定によって,ハートビル法と交通バリアフリー法は廃止されている。

【注意】

バリアフリーは「障壁(バリア)を取り除く」ことを意味する。これに対して,はじめから多くの人が使いやすいようにデザインするユニバーサルデザインという考え方も,広まっている。