トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


マゼラン のバックアップ(No.3)



歴史Aランク

マゼラン

1480年?〜1521年 ポルトガルの航海者で,「世界周航者」として知られる。

  • 1519年,スペイン国王と契約を結び,西回りでアジアの香料諸島(モルッカ諸島)に到達する航路を発見するために,スペインのセビリアから出航した。
  • 香料諸島は現在のインドネシアにある群島で,コショウなどの香辛料の産地として,古代から知られていた。
  • 南アメリカ大陸南端のマゼラン海峡(マゼランの名をとったもの)を発見して,大西洋から太平洋に到達した。
  • 太平洋横断に成功したが,マゼランはフィリピンで住民と争って戦死した。
  • マゼランの部下たちは航海を続けて,香料諸島に到達した。彼らはさらに西向きの航海を続け,1522年にスペインに帰国した(出航時の総勢237名のうち,帰還したのはわずか18名であったという)。

この航海は史上初めての世界一周であり,地球が球形であることが確かめられた。

【注意】

マゼランは途中で死亡したため,「マゼランの一行」とか「マゼランの艦隊」の世界一周と表記されることが多い。