トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


三国干渉 のバックアップ(No.1)



歴史Aランク

三国干渉(さんごくかんしょう)

1895年 ロシア,ドイツ,フランスの三国が,日本に対して,遼東(リアオトン)半島を清に返すように要求したこと。 下関条約日清戦争の講和条約)で,日本は清に遼東半島を譲ることを約束させた。ところが,南満州進出をはかるロシアがフランスとドイツをさそい,遼東半島の返還を日本にせまった。日本政府はやむなく遼東半島を清に返還したが,国内ではロシアへの対抗心が強まり,政府もロシアの南下に備えて軍備を増強していくことになった。

三国干渉の後,ロシア,ドイツ,フランス,イギリスは清から領土を租借(そしゃく)するようになり,列強による中国分割が進んだ。

  • 遼東半島……中国東北地方の南部にある半島で,大連(ターリエン)旅順(リュイシュン)などの都市がある。三国干渉の後,ロシアが大連と旅順を租借したが,ポーツマス条約日露戦争の講和条約)でその権利は日本に譲られた。日本は遼東半島の先端部を関東州と名付け,二十一か条の要求で租借期限を99年に延長させ,関東庁や関東軍司令部を設置して経営にあたった。日本の敗戦後はソ連の軍事基地が置かれていたが,1950年に中国に返還されている。
  • 干渉……他人のことに立ち入って,自分の意志を押しつけること。日本と清の間の条約に三国が立ち入ったことから,「三国干渉」と呼ばれる。