トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


中大兄皇子 のバックアップ(No.1)



歴史Aランク

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)

626年〜671年 飛鳥時代の政治家で,のちの天智(てんじ)天皇。 中臣鎌足らの協力を得て645年に蘇我(そが)氏を滅ぼし,大化の改新とよばれる政治改革をはじめた。百済を助けるために朝鮮半島に軍を送ったが,663年,白村江の戦い新羅連合軍に敗北した。皇子は各地に水城(みずき)や山城をつくって防衛をかため,大津宮(滋賀県)に都をうつした。668年に即位して天智天皇となり,戸籍(こせき)を作製させるなど改革を続行した。