トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


中大兄皇子 のバックアップ(No.3)



歴史Aランク

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)

626年〜671年 飛鳥時代の政治家で,大化の改新をはじめた。 のちの天智天皇である。


【中大兄皇子・天智天皇】

  • 626年……舒明(じょめい)天皇の第2皇子としてうまれる。
  • 642年……母が即位する(皇極(こうぎょく)天皇)。
  • 645年……中臣鎌足らの協力を得て,蘇我(そが)氏をほろぼす。皇極天皇が退位し,弟(中大兄皇子にとっては叔父)が即位する(孝徳天皇)。中大兄皇子は皇太子となり,都を難波(なにわ)(大阪府)に移し,公地公民を定めるなど,政治改革をはじめる(大化の改新)。
  • 653年……孝徳天皇と対立し,臣下たちとともに飛鳥にもどる。翌年,孝徳天皇は難波で死去する。
  • 655年……母が再び即位する(斉明(さいめい)天皇)。中大兄皇子は引き続き皇太子の地位につく。
  • 660年……新羅百済をほろぼす。百済復興のために出兵を決定する。
  • 661年……斉明天皇が死去する。即位せず,皇太子のままで政治を行った。
  • 中大兄皇子は唐・新羅からの攻撃にそなえて九州に防人とよばれる兵をおき,各地に山城や水城を築いた。
  • 667年……都を大津(滋賀県)にうつす。
  • 668年……正式に即位する(天智天皇)。
  • 670年……日本最古の全国的な戸籍(こせき)を作成させる。

天智天皇の死後,あつぎきを争う壬申の乱がおきている。