トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


中東戦争 のバックアップソース(No.6)


[[歴史Cランク]]

**中東戦争(ちゅうとうせんそう) [#p1c8963c]

&color(mediumblue){ユダヤ人国家イスラエルと周辺のアラブ諸国との戦争。}; 大きなものでも4回の戦争がおきている。

「中東」はヨーロッパから見た地域区分で,西アジアとアフリカ北東部を指す。

----

【中東戦争】

かつてユダヤ人は[[ローマ帝国]]によってイスラエルから追放され,イスラエルはパレスチナと改名された。7世紀以降パレスチナには[[イスラム教]]を信じるアラブ人が住むようになったが,19世紀頃からユダヤ人は,パレスチナに自分たちの国家(イスラエル)を再建することを求めるようになっていた。

[[第一次世界大戦]]がはじまると,イギリスは次のような矛盾した政策を行った。

-フサイン・マクマホン協定(1915年)……オスマン帝国の支配下にあった中東のアラブ人に,将来の独立を約束した協定。これに基づいて,1916年にアラブ人のオスマン帝国に対する反乱がはじまっている。

-サイクス・ピコ協定(1916年)……中東をイギリス,フランス,ロシアで分割することを定めた秘密協定。

-バルフォア宣言(1917年)……イギリスが,パレスチナにユダヤ人の居住地(ナショナルホーム)を建設することを認めたもの。

第一次世界大戦後,パレスチナはイギリスの委任統治領となった。ドイツでナチスが政権を獲得し,反ユダヤ人政策が推進されると,パレスチナへのユダヤ人移民が増加し,アラブ人との対立が深まった。第二次世界大戦後,対立がさらに激しくなるとイギリスは委任統治の終了を表明し,[[国際連合]]が問題の解決にあたることになった。

-第一次中東戦争(1948年〜1949年)……1947年に国際連合がパレスチナをアラブ人地域,ユダヤ人地域,国連統治地域(ユダヤ教・[[キリスト教]]・[[イスラム教]]の聖地であるエルサレム周辺)に&ruby(ぶんかつ){分割};することを決議すると,パレスチナは内戦状態におちいった。翌年,ユダヤ人がイスラエルの独立を宣言すると,これに反対する周辺のアラブ諸国がパレスチナに進軍し,戦争がはじまった。イスラエル有利のなかで国連の調停によって,停戦が実現した。イスラエルが国連の分割決議以上の土地を獲得する一方で,多くのアラブ人が難民となった(パレスチナ難民)。 

--国連が指定したアラブ人地域のうち,ガザ地区はエジプト領,ヨルダン川西岸地区はヨルダン領になった。

--エルサレムは西エルサレムをイスラエル,東エルサレム(ヨルダン川西岸地区にふくまれる)をヨルダンが支配することになった。

-第二次中東戦争(1956年〜1957年)……エジプトのスエズ運河国有化に反発したイギリス,フランスがイスラエルと結んでエジプトに侵攻したもので,スエズ動乱ともいう。アメリカやソ連が侵攻を強く非難したことから,3国は国連の停戦決議を受け入れて撤退している。

-第三次中東戦争(1967年)……イスラエルとアラブ諸国の緊張が高まるなかで,先制攻撃を行ったイスラエルが6日間で勝利を収めた。イスラエルがヨルダン川西岸地区,ガザ地区,シナイ半島(エジプト領),ゴラン高原(シリア領)を占領する一方で,パレスチナ難民がさらに増加した。

--ヨルダン川西岸地区の占領によって,エルサレム全体がイスラエルの支配下におかれることになった。イスラエルは1980年に統一エルサレムを首都とすることを定めているが,国際連合などは認めていない。

-第四次中東戦争(1973年)……失地回復を目指したエジプトとシリアがイスラエルを先制攻撃した。はじめは苦戦したイスラエルが反撃に転じるなかで停戦した。

--このとき,アラブ諸国がイスラエルの援助国に対して石油戦略(石油の禁輸や量的制限)をとり,原油価格の大幅な引き上げを行ったことから,[[石油危機]]がおきている。 

--イスラエルとエジプトは1979年に平和条約を結び,これによってシナイ半島はエジプトに返還されている。

その後,ヨルダン川西岸地区とガザ地区をパレスチナ人(パレスチナ出身のアラブ人)自治区にすることによって問題の解決が図られているが,深刻な対立は現在まで続いている。