トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


保元の乱 のバックアップ(No.2)



歴史Bランク

保元の乱(ほうげんのらん)

1156年 天皇と上皇の対立に,藤原氏の争いも加わって,京都で起こった内乱。 天皇方,上皇方がそれぞれ武士を用いて戦ったが,源義朝平清盛を味方にした後白河天皇が勝利した。

後白河天皇はまもなく上皇になって院政をはじめたが,3年後には院政内の対立から平治の乱が起きている。

【参考】

保元の乱では,親族同士が戦った。

  • 天皇側(勝者)
  • 後白河天皇
  • 藤原忠通(ただみち)
  • 平清盛
  • 源義朝
  • 上皇側(敗者)
  • 崇徳(すとく)上皇……後白河天皇の兄。捕らえられて讃岐(さぬき)(香川県)に流された。
  • 藤原頼長(よりなが)……藤原忠通の弟。矢にあたり,この傷がもとで死んだ。
  • 平忠正……平清盛の叔父。捕らえられて処刑された。
  • 為朝(ためとも)……源義朝の父。捕らえられて処刑された。