トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


元寇 のバックアップ(No.2)



歴史Aランク

元寇(げんこう)

1274年・1281年 元の服属(ふくぞく)要求を,鎌倉幕府の執権北条時宗(ときむね)が断ったことから,元が2度にわたって日本に攻めてきたこと。 はモンゴル人が中国にたてた王朝であることから,「蒙古(もうこ)襲来」ともいう。

  • 文永の役(1274年)……第一次元寇。高麗軍を加えた約3万の元軍が対馬(つしま)壱岐(いき)をへて博多(はかた)湾に上陸した。元軍は集団戦法や火薬の使用によって幕府軍を苦しめたが,短期間で引き上げた。
  • 弘安の役(1281年)……第二次元寇。朝鮮と中国の2方面から約14万の大軍が九州北部に押しよせたが,幕府側も石塁(せきるい)を築いて抵抗した。元軍は上陸できないまま暴風雨で大きな損害を受けて撤退(てったい)した。

【元寇の影響】

  • 防衛戦であったため,幕府は御家人に恩賞として十分な領地を与えることができなかった。また,元の3度目の攻撃に備えて九州の警備を続けたが,これも御家人の負担となった。御家人の生活は苦しくなり,幕府に対する不満が高まることになった。
  • 元軍に損害を与えた暴風雨は「神風」と呼ばれ,日本を神国とする思想が強まることになった。