トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


児童の権利条約 のバックアップ(No.2)



公民Aランク

児童の権利条約(じどうのけんりじょうやく)

1人の人間としての子どもの権利を尊重するために,国際連合で採択された条約。 英語では Convention on the Rights of the Child といい,「子どもの権利条約」などとも訳される。

  • 18歳未満を「児童」と規定し,保護の対象ではなく,権利の主体としている。
  • 国際人権規約で定められている権利を,児童について広く規定している。
  • 意見を表明する権利,遊びや余暇(よか)の権利などが加えられている。

1989年の国際連合総会で採択され,1990年に発効した。日本は1994年に批准(ひじゅん)(条約加盟の最終確認のこと)し,同年から国内でも効力が発生している。