トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


勝海舟 のバックアップ(No.2)



歴史Dランク

勝海舟(かつかいしゅう)

1823年〜1899年 江戸幕府の家臣で,西郷隆盛と会談して江戸城の開城を決定した。


【勝海舟】

旗本の子として生まれ,蘭学を学んだ。

  • 1855年……長崎海軍伝習所に入門し,オランダの軍人から海軍のしくみを学ぶ。
  • 1860年……日米修好通商条約批准(ひじゅん)書交換のための使節に選ばれ,咸臨丸(かんりんまる)で渡米する。
  • 1864年……軍艦奉行となり,神戸海軍操練(そうれん)所を設置する。しかし,11月には軍艦奉行をやめさせられる。(坂本龍馬などが神戸の塾に参加していたことが理由ともされる。)
  • 1866年……軍艦奉行に復帰する。幕府の第二次長州征討が失敗に終わると,停戦交渉にあたる。
  • 1867年……戊辰戦争がはじまると,陸軍総裁になる。西郷隆盛と会談し,江戸城を無抵抗で開城をするかわりに,新政府軍による江戸の総攻撃をやめさせた。

明治政府にも参加し,海軍卿などをつとめている。