トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


南南問題 のバックアップ(No.3)



公民Aランク

南南問題(なんなんもんだい)

発展途上国の間の経済的格差からおこる問題のこと。 第二次世界大戦後,先進工業国(北半球に多い)と発展途上国(南半球に多い)の間の経済的格差が大きな問題となり,南北問題とよばれた。1980年代以降になると,発展途上国のなかでも経済発展に成功した国と失敗した国の間で格差が大きくなり,南南問題とよばれるようになっている。

  • 経済発展に成功した国
  • 産油国……石油を産出している国。イラク,イラン,クウェート,サウジアラビア,アラブ首長国連邦,インドネシア,ベネズエラなどは石油輸出国機構OPEC)を結成している。
  • 新興工業経済地域NIES)……1970年代後半から1980年代にかけて,急速に経済成長した国や地域のこと。韓国,台湾,ホンコン,シンガポール,メキシコ,ブラジルなど。
  • BRICS……2000年代になって経済発展がいちじるしい,ブラジル,ロシア,インド,中国,南アフリカ共和国のこと。
  • 経済発展に失敗した国
  • 後発開発途上国……特に発展の遅れている国のことで,国際連合は2014年7月時点で48か国を指定している(アジアではアフガニスタン,イエメン,カンボジア,ネパール,バングラデシュ,東ティモール,ブータン,ミャンマー,ラオスの9か国)。最貧国とよばれることもある。