トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


国学 のバックアップ(No.2)



歴史Aランク

国学(こくがく)

江戸時代におこった学問で,仏教や儒教が伝わる前の日本古来の精神を明らかにしようとするもの。 幕末の尊王攘夷運動明治維新に大きな影響を与えた。

【代表的な国学者】

  • 契沖(けいちゅう) ……真言宗の僧で,「万葉集」を研究した。国学の基礎をきずいた人物として知られる。古文の表記に使われる歴史的仮名遣いは,契沖の研究がもとになっている。
  • 荷田春満(かだのあずままろ)……京都の神官で,「万葉集」「古事記」「日本書紀」を研究した。
  • 賀茂真淵(かものまぶち)……荷田春満の弟子で,「万葉集」を研究した。歌人としても知られる。
  • 本居宣長……伊勢の医師で,賀茂真淵の弟子。35年をかけて「古事記伝」を著し,国学の大成者とされる。
  • 平田篤胤(ひらたあつたね)……秋田藩士の子で,復古神道をとなえた。尊王攘夷運動にも大きな影響を与えている。