トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


坂本龍馬 のバックアップ(No.3)



歴史Cランク

坂本龍馬(さかもとりょうま)

1835年〜1867年 江戸時代末期の志士で,薩長同盟の仲立ちになった。


【坂本龍馬】

坂本家は商家の出身で,土佐藩(高知県)の郷士(下級武士)であった。

  • 1853年……江戸で剣術を学ぶ。ペリー来航時は土佐藩邸の警備にあたった。
  • 1861年……土佐勤王党(土佐藩で尊王攘夷運動をすすめた結社)に加わる。
  • 1862年
  • 3月……土佐藩を脱藩する。
  • 12月……幕臣の勝海舟(かつかいしゅう)の弟子となる。
  • 1864年
  • 2月……土佐藩の帰国命令を無視して再脱藩する。
  • 5月……勝海舟の意見で神戸海軍操練所(そうれんじょ)が設立され,坂本が塾頭をつとめる。
  • 8月……勝の紹介で,薩摩の西郷隆盛と初対面する。
  • 11月……江戸に呼び戻されることになった勝が,薩摩藩に坂本らの保護を頼む。
  • 1865年
  • 3月……海軍操練所が閉鎖される。
  • 5月……薩摩藩の援助により,長崎で亀山社中を結成,海運・貿易業にあたる。
  • 1866年
  • 1月……坂本の仲立ちで薩長同盟が成立する(坂本が西郷隆盛を強く説得したという)。直後に京都の寺田屋で幕府の捕り方に襲われるが脱走する。
  • 2月……木戸孝允の求めで,薩長同盟の内容を確認する裏書を行う。
  • 6月……亀山社中のユニオン号で,幕府と戦う長州藩を支援する。
  • 1867年
  • 4月……亀山社中を海援隊と改称する。
  • 6月……長崎から出航した船の中で,土佐藩士の後藤象二郎(しょうじろう)に新国家の基本方針を説く。これを船中八策といい,大政奉還の構想がふくまれていた。
  • 11月……京都の近江屋で元土佐藩士の中岡慎太郎(しんたろう)と話していたところを襲われて暗殺される。江戸幕府の家臣が結成した京都見廻組(みまわりぐみ)の犯行とする説が有力である。