トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


埴輪 のバックアップ(No.1)



歴史Cランク

埴輪(はにわ)

古墳(こふん)の頂上やまわりに並べられた,素焼きの土製品。 はじめは円筒(えんとう)の形をしたものが多かったが,後に人間,動物や家などをかたどった埴輪がつくられるようになった。

  • 埴土(しょくど)(粘土を多く含む土のこと)」でつくった「円筒(輪)」が語源である。
  • 土師器(はじき)……弥生土器の系統をひく素焼きの土器のことで,古墳〜平安時代につくられた。埴輪は土師器の一種である。