トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


大正デモクラシー のバックアップ(No.1)



歴史Aランク

大正デモクラシー(たいしょうでもくらしー)

大正時代の日本で,政治や社会などさまざまな分野で民主主義的・自由主義的な傾向が強まったこと。 第一次世界大戦後,世界的に民主主義(デモクラシー)が発展したことを受け,日本でも護憲運動などの政治運動やさまざまな社会運動がさかんになった。政党内閣の慣例化や,男子普通選挙の実現などは大正デモクラシーの成果である。しかし,民主主義が定着する前に軍部の勢力が強まり,日本は軍国主義の国になっていった。

大正デモクラシーに大きな影響を与えたのが,吉野作造の主張した民本主義である。


【大正デモクラシー】

  • 1912年(大正元年)……第一次護憲運動はじまる。
  • 1913年(大正2年)……護憲運動によって当時の内閣が総辞職に追い込まれる(大正政変)。
  • 1918年(大正7年)……米騒動が起こる。最初の本格的な政党内閣とされる原敬内閣が成立する。
  • 1920年(大正9年)……日本で最初のメーデー(労働者の祭典)が行われる。
  • 1922年(大正11年)……全国水平社,日本農民組合結成される。
  • 1924年(大正13年)……第二次護憲運動はじまる。
  • 1925年(大正14年)……治安維持法,普通選挙法成立する。
  • 1928年(昭和3年)……最初の(男子)普通選挙が実施される。
  • 1931年(昭和6年)……満州事変おこる。
  • 1932年(昭和7年)……五・一五事件がおこり,1924年から続いていた政党内閣が終わる。