トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


太陰暦 のバックアップの現在との差分(No.1)



  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[歴史Cランク]]
[[歴史Dランク]]

**太陰暦(たいいんれき) [#r409ec05]

&color(mediumblue){月の満ち欠けの周期(約29.5日)を1か月とする&ruby(こよみ){暦};。}; 「太陰」は月のこと。古代メソポタミアからはじまったものだが,月の周期の12か月分(約354日)を1年とするため,[[太陽暦]]とは1年の長さが違っている。 
&color(mediumblue){月の満ち欠けの周期をもとにした&ruby(こよみ){暦};のこと。}; 「太陰」は月のこと。

【参考】 
古代の[[メソポタミア文明]]や[[中国文明]]でうまれたもので,日本でも長く使われていた。

純粋な太陰暦では季節と暦がずれてしまうため,&ruby(うるうづき){閏月};をおいてずれを修正した太陰暦がつくられたが,これを太陰太陽暦という。明治時代まで日本で用いられていた暦は太陰太陽暦で,ふつう3年ごとに閏月を加えていた(閏月のある年は,1年が13か月になっていた)。
【参考】

-太陰暦……月の満ち欠けの周期(約29.5日)を1か月とし,12か月を1年とする。そのため,太陰暦の1年は約354日になり,[[太陽暦]]とは1年の長さが違っている。 

-太陰太陽暦……純粋な太陰暦では暦と実際の季節がずれてしまうため,&ruby(うるうづき){閏月};を入れてずれを修正したもの。

--太陰暦に太陽暦の要素を加えたものであることから(閏月は太陽の動きを参考にしていた),太陰太陽暦という。

--閏月はふつう3年ごとに加えられ,その年は1年が13か月になっていた。

--日本では[[飛鳥時代]]に中国から太陰太陽暦が導入され,明治時代のはじめまで使われていた。(日本で太陰暦というときは,ふつう太陰太陽暦のことである。)