トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


奥州藤原氏 のバックアップ(No.2)



歴史Bランク

奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)

平安時代の後半に東北地方を支配した豪族。 平泉(ひらいずみ)(岩手県)を拠点とし,京都の文化を受け入れて,中尊寺金色堂(こんじきどう)を建てた。1189年,源頼朝によって攻めほろぼされている。

【参考】

11世紀の後半,東北地方では武士の争いから前九年合戦・後三年合戦という大きな戦乱がおきた。この争いをしずめて,東日本で勢力を広げたのが源義家(よしいえ)である。

  • 藤原清衡(きよひら)……後三年合戦で源義家に協力し,陸奥(むつ)(岩手県)を支配するようになった。奥州藤原氏の初代当主とされる。
  • 藤原基衡(もとひら)……清衡の子で奥州藤原氏の第2代当主。
  • 藤原秀衡(ひでひら)……基衡の子で奥州藤原氏の第3代当主。若き日の源義経を養育する。兄の源頼朝と対立して京都から脱走した義経を平泉に迎えたが,直後に病死する。
  • 藤原泰衡(やすひら)……秀衡の子で奥州藤原氏の第4代当主。源頼朝の要求を受けて,源義経を攻め殺した。しかし,頼朝は大軍をひきいて奥州藤原氏を攻撃し,敗れた泰衡は逃亡中に殺された。