トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


孫文 のバックアップ(No.2)



歴史Aランク

孫文(そんぶん/スンウェン)

1866年〜1925年 中国の革命家で,辛亥(しんがい)革命では中華民国の臨時大総統になった。 三民主義をとなえて,革命運動の指導者となる。袁世凱(えんせいがい)中華民国の実権を奪われてからも,中国国民党を組織するなど,亡くなるまで革命運動を続けた。

sonbun.jpg

【孫文】

ハワイ,香港で医学を学び,マカオで医師として開業した。その後,革命運動に参加する。

  • 1894年……ハワイで興中会を組織する。
  • 1895年……広州で蜂起するが失敗,ロンドンに亡命する。
  • 1905年……東京で中国同盟会を結成して総理になる。民族・民権・民生の三民主義をとなえる。
  • 1911年……中国で辛亥革命がはじまると,アメリカから帰国する。
  • 1912年……孫文を臨時大総統とする中華民国が南京(ナンキン)に成立する。有力な軍閥(ぐんばつ)であった袁世凱と結び,を滅ぼす。
  • 1913年……袁世凱の独裁化に対して反乱を起こすが失敗,日本に亡命する。
  • 1914年……東京で中華革命党を結成する。
  • 1917年……中国南部の広東(カントン)で,同地の軍閥と協力して軍政府をつくる。
  • 1919年……中華革命党を発展させて,中国国民党を結成する。
  • 1924年……中国共産党と協力関係に入る(第一次国共合作)。北京(ペキン)政府に対抗して,分裂状態の中国の統一を目指す。
  • 北京政府……袁世凱が中華民国の首都を北京に移したもの。袁世凱の死後も存続したが力は弱く,中国では各地に軍閥がたつ混乱状態が続いていた。
  • 1925年……軍閥たちと話し合うために北京に入るが,ここで病死する。