トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


寺子屋 のバックアップ(No.1)



歴史Aランク

寺子屋(てらこや)

江戸時代に,全国各地に開かれた庶民のための教育機関。 僧侶や神官,浪人(主君を失った武士)などが教師になり,町人や農民の子を集めて,読み・書き・そろばん(算数)など実用的な学問を教えた。

【注意】

「寺小屋」と書かないこと! 実際には「寺小屋」と書くこともあったようだが,学校のテストなどでは「寺子屋」と書く方が確実である。