トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


小村寿太郎 のバックアップ(No.1)



歴史Cランク

小村寿太郎(こむらじゅたろう)

1855年〜1911年 明治時代の政治家・外交官で,条約改正を完成した。 現在の宮崎県出身。アメリカのハーバード大学で法律を学び,帰国後は外務省に入り,外務大臣を2回つとめている。

  • 1905年……日本全権としてロシアと交渉し,日露戦争の講和条約であるポーツマス条約に調印する。国民は条約の内容に反発し,小村の自宅は投石を受けている。
  • 1911年……日米通商航海条約を結び,関税自主権の回復に成功する。同年外務大臣を辞して政界を引退するが,直後に病死する。

この他,義和団事件の講和会議,日英同盟の締結,韓国併合などにも関わっている。