トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


憲政の常道 のバックアップ(No.2)



歴史Dランク

憲政の常道(けんせいのじょうどう)

政党内閣によって政治が行われるという慣例のこと。 第2次護憲運動後,日本では憲政会(のちに立憲民政党)または立憲政友会の党首が内閣総理大臣となって政権を担当した。衆議院で多数の議席をしめる政党の党首が政権を担当することは,大日本帝国憲法にかなった方法であるとされ,「憲政の常道」と呼ばれた。

【憲政の常道】

  • 1924年〜1926年 加藤高明内閣(憲政会)
  • 1926年〜1927年 若槻(わかつき)礼次郎内閣(憲政会)
  • 1927年〜1929年 田中義一内閣(立憲政友会)
  • 1929年〜1931年 浜口雄幸(おさち)内閣(立憲民政党)
  • 1931年 若槻礼次郎内閣(立憲民政党)
  • 1931年〜1932年 犬養毅内閣(立憲政友会)

1932年の五・一五事件で,憲政の常道は終わることになった。