トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


日中共同声明 のバックアップ(No.2)



歴史Bランク

日中共同声明(にっちゅうきょうどうせいめい)

1972年 日本と中国が国交を結ぶために調印した共同声明。 この共同声明によって,日本と中国の大半を統治する中華人民共和国との間で国交が結ばれたことを,日中国交正常化という。


【日本と中国の関係】

  • 1949年に内戦に敗れた国民政府が台湾に逃れ,大陸には中国共産党による中華人民共和国が成立した。国民政府(中華民国)と中華人民共和国はそれぞれが中国を代表する政府であると主張したため,両方と国交を結ぶことはできなかった。(冷たい戦争を反映して,おもに資本主義国は国民政府と,社会主義国は中華人民共和国と国交を結んだ。)
  • 1951年に独立を回復した日本は,1952年に台湾の国民政府と平和条約を結び,国交を回復した。中華人民共和国とは,平和条約も国交も結ばれない状態が長期間続くことになった。
  • 1971年に国際連合における中国の代表権を中華人民共和国が獲得した。それまで中国を代表していた国民政府は国際連合から追放された。
  • 1972年に日本の田中角栄(かくえい)首相らが北京(ペキン)を訪問し,中華人民共和国政府を中国唯一の政府と認める日中共同声明に調印して,国交を結んだ。
  • 日中共同声明は条約の形をとっていないが,6年後の1978年に日中平和友好条約が結ばれている。

日中共同声明によって,日本と国民政府の平和条約は破棄(はき)され,国交も断絶した。現在,日本政府は台湾を中国の一部とする立場をとり,独立国としては認めていない。