トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


日朝修好条規 のバックアップ(No.1)



歴史Bランク

日朝修好条規(にっちょうしゅうこうじょうき)

1876年 江華島(こうかとう)事件をきっかけに,日本と朝鮮が結んだ条約。

  • この条約によって朝鮮は開国し,釜山(プサン)など3港で貿易が始まった。
  • 朝鮮の開港地における日本の領事裁判権を認めさせるなど,不平等な条約であった。

日朝修好条規は朝鮮を独立国と認めるなど,これまでの中国を中心とするアジアの伝統的な国際関係を否定するものになっていた。このため,日本と中国()の対立が深まることになった。