トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


杉田玄白 のバックアップ(No.2)



歴史Aランク

杉田玄白(すびたげんぱく)

1733年〜1817年 江戸時代中期の蘭学(らんがく)医で,「解体新書」の翻訳(ほんやく)者の一人。 小浜藩(おばまはん)(福井県)の藩医の子として江戸に生まれ,オランダ医学を学んだ。前野良沢らとともに,オランダ語の人体解剖(かいぼう)書を翻訳し,「解体新書」として出版した。晩年の著作に「解体新書」翻訳時の苦心談などをふくむ「蘭学事始(らんがくことはじめ)」がある。