トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


村方三役 のバックアップ(No.1)



歴史Dランク

村方三役(むらかたさんやく)

江戸時代に村ごとに置かれた庄屋(しょうや)名主(なぬし)),組頭(くみがしら)百姓代(ひゃくしょうだい)のことで,村役人ともいう。 本百姓から選ばれ,村の運営にあたった。

  • 庄屋(名主)……郡代・代官のもとで村政を担当する村の首長。西日本では庄屋,東日本では名主と呼ばれることが多かった。
  • 組頭……おもに庄屋(名主)の補佐にあたった。
  • 百姓代……おもに村民の代表として,庄屋や組頭の村政を監視した。