トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


東山文化 のバックアップ(No.1)



歴史Cランク

東山文化(ひがしやまぶんか)

室町時代の中期の文化。 八代将軍足利義政が建てさせた東山山荘に代表されることから,東山文化と呼ばれている。

武家を中心とする簡素で気品のある文化が発達した。また,民衆の成長とともに,民衆への文化の広がりも見られた。

  • 銀閣東求堂(とうぐどう)……東山山荘内の建物。東求堂の同仁斎(どうじんさい)書院造の源流とされている。
  • 庭園……岩や砂だけで水の流れなどをあらわす枯山水(かれさんすい)という様式が有名である。

北山文化と合わせて,室町文化とすることも多い。