トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


浄土真宗 のバックアップ(No.4)



歴史Aランク

浄土真宗(じょうどしんしゅう)

鎌倉時代の初期に親鸞(しんらん)が開いた仏教の新宗派。 「一向宗」ともいう。親鸞の師である法然の教え(浄土宗)をさらに深化したものとされ,阿弥陀仏(あみだぶつ)を信じてひたすら念仏(ねんぶつ)(とな)えれば,悪人をふくむすべての人が救われると説いた。

室町時代には日本有数の大教団に成長し,大きな力をふるうようになっている。

  • 親鸞のひ孫である覚如(かくにょ)が,本願寺を中心とする教団(浄土真宗本願寺派)を確立した。
  • 室町時代中期,蓮如(れんにょ)があらわれてから教団の勢力が拡大し,各地で強力な一揆をおこした(「加賀の一向一揆」が有名)。
  • 1533年に石山本願寺(大阪)が本拠地となり,戦国大名に匹敵する力をもった。織田信長と10年間戦ったが(石山合戦),1580年に講和している。(講和の直後に石山本願寺は焼失し,跡地に豊臣秀吉が大阪城を建設している。)
  • 1591年に京都に本願寺が再興されたが,江戸時代初期に東本願寺(真宗大谷派)と西本願寺(浄土真宗本願寺派)に分かれている。

【参考】

浄土真宗には10の宗派があり,そのうち本願寺派が「浄土真宗」,他の9派は「真宗」と名乗っているが,まとめて浄土真宗とよぶことも多い。