トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


為替 のバックアップソース(No.1)


[[公民Cランク]]

**為替(かわせ) [#i71b0ab2]

&color(mediumblue){手形や小切手などを利用し,現金を輸送しないでお金を支払う方法のこと。}; 

例えば,A社がB社から原料を仕入れたとき,次のようにして代金を支払うことが多い。 

-A社は取引先のC銀行に支払い用の口座を設けておく。この口座に預けるお金を当座預金といい,ふつうの預金と違って利子はつかない。

-A社はB社に一定の期日にC銀行の当座預金から代金を支払うことを約束した手形(約束手形)をわたす。 

-約束の期日になるとB社は手形をC銀行に示して,代金を受けとる。(B社の銀行口座に振り込まれることが多い。) 

このように,手形で支払うことによって,現金を直接輸送する手間や危険(現金は盗まれることがある)をなくすことができる。 

外国との輸出入の支払いにも為替が利用される(外国為替)。このときの通貨の交換比率を,[[為替相場]](為替レート)という。 

【参考】 

日本の為替制度は鎌倉・室町時代からはじまり,江戸時代には高度に発達した。中世には交換するという意味で「かわし」といい,江戸時代に「かわせ」というようになった。「為替」はこれを漢字表記したものである。