トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


犬養毅 のバックアップ(No.2)



歴史Dランク

犬養毅(いぬかいつよし)

1855年〜1932年 日本の政治家で,五・一五事件で暗殺された。 備中国(岡山県)の出身。

新聞記者として活躍したあと,立憲改進党に入党する。衆議院議員となり,進歩党・憲政党・革新倶楽部などに参加する。日本に亡命してきた孫文をかくまうなど,中国との関係も深かった。

1929年に立憲政友会の総裁になり,1931年に内閣総理大臣になるが,翌年,首相官邸で海軍の若手将校らによって暗殺された(五・一五事件)。