トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


西郷隆盛 のバックアップの現在との差分(No.7)



  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[歴史Aランク]]

**西郷隆盛(さいごうたかもり) [#z53a9605]

1827年〜1877年 &color(mediumblue){江戸時代末期〜明治時代の政治家。}; 薩摩藩(鹿児島県)出身で,倒幕運動の中心的存在として活躍した。明治政府では[[廃藩置県]]などの改革を進めたが,[[征韓論]]を主張して敗れたことから,政府を辞職した。鹿児島で[[西南戦争]]をおこしたが,政府軍に敗れて自殺した。

----

【西郷隆盛】 

薩摩藩の下級藩士の子として生まれる。藩主の島津&ruby(なりあきら){斉彬};に認められ,幕政改革を目指していた斉彬の命令で,[[徳川慶喜]]を将軍のあとつぎとするための運動を江戸や京都で行う。(西郷は後に,慶喜が将軍となった江戸幕府を倒すことになる。) 

-1858年……[[安政の大獄]]はじまる。斉彬が急死する。幕府の追求を受けた西郷は,協力者であった京都の僧の&ruby(げっしょう){月照};を連れて薩摩にもどるが,藩は月照の追放を命じる。責任を感じた西郷は月照とともに入水するが,同行者たちに引き上げられる(月照は死亡)。藩は西郷を死んだものとして,&ruby(あまみ){奄美};大島に流した。 

-1862年……薩摩藩の最高権力者となった島津&ruby(ひさみつ){久光};(斉彬の弟で,藩主の父)が公武合体を進めるために,京都に行くことを決意し,西郷をよび戻す。しかし,西郷は久光の命令に逆らったため,徳之島さらに&ruby(おきのえらぶじま){沖永良部島};に流される。 

-1864年……久光の公武合体政策がゆきづまるなかで,西郷は再びよび戻される。京都で長州藩を中心とした尊王攘夷派と戦って,これを撃退する(禁門の変)。さらに,第一次長州&ruby(せいとう){征討};では幕府軍の&ruby(さんぼう){参謀};となり,戦わずして長州藩を降伏させる。 

-1866年……倒幕を決意していた西郷は長州藩に接近し,[[坂本龍馬]]の仲立ちで[[薩長同盟]]を結ぶ。第二次長州征討では,薩摩藩の幕府軍への参加を拒否する。同年,第14代将軍&ruby(いえもち){家茂};が病死し,慶喜が第15代将軍になる。 

-1867年……公家の[[岩倉具視]]らと結んで倒幕計画を進める。慶喜が[[大政奉還]]を行うと,京都でクーデターを決行し,[[王政復古の大号令]]を発する。 

-1868年……[[戊辰戦争]]では新政府軍の参謀となり,&ruby(かつかいしゅう){勝海舟};と会談して江戸城を無血開城させる。さらに北陸道などに転戦し,新政府軍の勝利に貢献する。 

-1869年……鹿児島に帰り,藩政改革などに努力する。 

-1871年……明治政府に参議として加わる。東京で御親兵という軍隊を組織し,その軍事力を背景に廃藩置県を行う。[[岩倉使節団]]の出発にあたって,留守政府をあずかる。1873年までに[[地租改正]],[[徴兵令]],[[学制]]の発布など,重要な政策を施行する。 

-1873年……鎖国を続ける朝鮮に開国をせまるため,西郷自身が全権大使として朝鮮に行くことを決定する。帰国した[[大久保利通]]や岩倉具視らの反対で大使派遣が中止になると,政府を辞職して鹿児島に戻る。 

-1874年……鹿児島に私学校を設立して,子弟の教育にあたる。鹿児島は実質的には中央政府から独立した存在になる。 

-1877年……私学校を中心として士族たちと挙兵する(西南戦争)が,熊本城の攻撃に失敗する。&ruby(しろやま){城山};(鹿児島)で政府軍に包囲され,ここで自殺した。
-1877年……私学校を中心として士族たちと挙兵する(西南戦争)が,熊本城包囲に失敗する。&ruby(しろやま){城山};(鹿児島)で政府軍の攻撃を受け,ここで自殺した。