トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


金閣 のバックアップ(No.1)



歴史Cランク

金閣(きんかく)

足利義満(よしみつ)が京都の北山山荘に建てさせた三層の建物。 初層・中層は寝殿造,上層は禅宗様の様式になっている。正式には舎利殿(しゃりでん)というが,中層・上層の壁に金箔(きんぱく)がはられたことから,金閣と呼ばれた。1950年に放火によって全焼したが,1955年に再建されている。

【注意】

北山山荘は後に禅宗寺院の鹿苑寺(ろくおんじ)になったが,金閣がある寺ということで金閣寺とも呼ばれている。テストなどで,建物の名前を答えるときは,金閣寺ではなく,金閣と答えるようにしよう。